村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ


2015年02月04日

味付け大丈夫?

あなたは濃いめの味の料理が好きですか?
もしこの質問に「イエス」という答えを準備していたあなたはダイエットの特に
食生活に気をつけるべきです。

なぜ濃いめの味付けはダイエットにとってはよくないのでしょうか?
濃い料理を口にすると、舌にちょっとした刺激を感じませんか?
この舌への刺激を解消しようとして、何かで中和しようとするはずです。

たぶん最も手っ取り早いのはご飯を口に入れることです。
ご飯で先ほどの味をいったんリセットして、また次の料理を食べるという習慣が
ありませんか?
しかしこのような食べ方をしていると、どうしてもご飯を多めに食べてしまいま
すよね?

ご飯は炭水化物の塊です。
もちろん、炭水化物は我々にとっては必要な栄養源です。
全部カットしろとは言いません。

しかし炭水化物の摂りすぎもダイエットにとってはよくありません。
炭水化物をとりすぎると、余分なものは脂肪という形で貯蔵されてしまうからで
す。

ですから、炭水化物はあまりとりすぎないようにするのがダイエットにとっては
ベスト。
ということは、ご飯を口に運びやすくする濃いめの料理はNGというわけです。

よく濃い料理をよく食べると、塩分が多いから身体にもよくないといいますね?
確かに濃い料理には塩分が高めのものが多いといわれています。

さらにもう一つの落とし穴が。
それは、糖分も多いということです。

濃い料理をイメージしてみましょう。
いわゆる「甘辛い」料理というのが多いような気がしませんか?

甘辛い料理というと、醤油と砂糖がふんだんに使われている料理のことを言います。
砂糖は、ダイエットをしている人にとっては、一種の天敵とも言える食材ですね?
この天敵を口に知らず知らずのうちにしてしまっているわけです。

濃い味の好きな人がいきなりうす味の料理を口にすると、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。
ここで一つ提案が。
薬味といわれるものを積極的に使ってみましょう。
ショウガやミョウガといった食材を入れると、料理にアクセントがついて満足する味になるはずです。
>> 1日5分のダイエット


関連記事


ダイエット料理について 夕飯にお粥と、おかずに豆腐を食べようと思うんですが、...
ダイエット料理のレシピ

食事の美容法まとめ 食べて内側から美しく綺麗に!

漢のダイエット料理!! | B3ダイエット 東海スタジオ

中央線快速 グリーン車導入へ


posted by ヤセル at 18:32| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ