村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ


2016年01月30日

正しいダイエットを実践

正しい目標を決めて、ダイエットにむけてスタート出来ましたか?

目の前の目標に向かって前進しているあなたにアドバイスをさせていただきます。

短期目標を設定したけどうまく達成できない方もいると思います。

自分がどれぐらいの運動でどのぐらい痩せるかなど知るのはとても難しいでしょう。

でも心配しなくて大丈夫なんですよ。正しいダイエットを実践していればそのうちわかってきます。



ボクサーも試合前にウエイトコントロールを行いますが、大体この期間でこのぐらい減るというのは経験がものを言います。

運動やダイエットも経験がかなり重要で必要な要素と言えます。

短期目標が達成できなかった場合、食事が悪かったのか?運動が悪かったのか?それとも根本的に目標設定が間違っていたのか?(無理な目標)など自己分析する必要がありますね。

これはなかなか面倒な作業ですが、これが出来る人と出来ない人とではかなりの差が出るでしょう。



自己分析を行う場合、主観的に見るのと、客観的に見るのを同時にすることがコツとなります。主観的に判断してしまうと自分の弱さがでてしまいますよね。

私は間違っていないなど自分を正当化したりすることも多いようです。

自己分析を正しく行うことによって、目標設定を修正することが出来ます。



目標を変えてしまってもいいのか?と思う方もいるかもしれませんが、短期目標は修正しながら行うことも必要になってきます。修正をかけずに無理に突き進むことによって、体調を崩したり、ダイエットが嫌になったりする恐れがあります。修正はこういった事態を招かないためにも行ってください。



ですが、頻繁に目標を変えないようにしましょう。頻繁に変えるということはマラソンのコースを途中であっちこっちに変えられるようなものです。自分が進むべき道を見失うことにもなりかねません。



自己分析を行い、このままで問題ないと判断すればそのままの目標で進めていき、間違っていると判断すれば間違いを改善していけばいい。

それだけのことです。達成できないからといって諦めないでください。焦らずコツコツ進んで行けば必ずゴールは見えてくるでしょう。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




人間は、体温が上がると脂肪が燃焼しません。 だから、水を飲んで体温を下げ、薄着...

Excel で、=IF(#REF=0,"",DZ13/CM13)


ミネラルウォーターを温めるだけ。「白湯ダイエット」の驚きの効果とは?


アクアビクスダイエットの消費カロリーは?【脂肪燃焼効果 ...


新国立維持費 50年で1千億円



posted by ヤセル at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

目標を持つこと、確かめること

人は目標を持つのと持たないのとでは、意欲の持ち方が全く違ってきます。



ダイエットに例えて言えば、何となく痩せたいと思っているのと、

何キロまで痩せよう!と目標を持つのでは、取り組み方や続き方が違ってくるということです。



目標がないと、目指す場所がわからず、「あとどのくらい頑張ればいいの?もういいのかな?」と、



やるべきこともあいまいになってしまいますし、そのうちに長続きしなくなってきます。



目標があれば「あと2キロ痩せれば目標だ!」、



「あとウエストが3センチ縮まれば、あの服が着れる!」といった



目指すところがわかってきますので、そこまでしっかり頑張ることができるのです。



そしてその途中経過をしっかり確かめていくのも大切なこと。



例えば、毎日体重をはかってみると、少しずつでも違いがでてくるのがよくわかります。



増えていたら「気をつけよう」と自分を戒めることができます。



この「気をつけよう」がとても大事で、毎日「気をつけよう」と考えていれば当然、



毎日の自分の体重管理がしっかりできてくるわけです。

ダイエットの努力も長続きしますね。



そして、チェックしたときに体重が減っていたら「もっと頑張ろう」と励みにすることも出来ますし、



「これをもっと続けていけば、もっと痩せられるかもしれない」という目安にります。



しかし、毎日のこの確認がないと、なにも考えず取り組んでいくことになってしまうのです。



何のために頑張っているんだろう?という疑問が出てきてしまうと、何事も長続きしません。



しかし、「私はきれいになるために頑張ってるんだ!」という確認ができていれば、



目指すところを思い直すことでやる気が続いてくるのです。



このように、目標を持つことは、継続にも繋がってきます。



何か紙に書いて目標を見えるようにし、経過も記録しておけば、とても簡単にこの

「目標を持つこと、確かめること」は実践できます。



最初はあまり無理のない目標から始めてみるといいでしょう。

>> 1日5分のダイエット





関連記事








カフェインってよくない? 私はコーヒーを1日1〜2回のみます。 雑誌やテレビで1日2...


コショウも意外と合う!?「ロイヤルミルクティー」アレンジ3つ


名医が実践コーヒーダイエット!ずぼら生活で痩せる方法 ...


マイナス金利 生活に影響は



posted by ヤセル at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

歯磨きと一緒に舌も磨こう

舌の表面に付いている白いもの。



あれは舌の汚れそのものです。



もちろんうっすらと付いている

程度であればまったく問題ありませんが、



しっかり、濃く付いている人は、

注意が必要です。



実は舌を見れば、その人の健康状態が

わかるといわれています。



舌を清潔に保つことはダイエットに

だって



とってもいいことなのです。





舌に白い汚れがたまる原因は

いろいろあります。



食品に含まれている添加物や、

タバコのヤニ。



新陳代謝が悪かったり、唾液が少なかったり

すると汚れもたまりやすいのです。



舌に汚れがたまっていくと、

味を感じる機能、つまり味覚がうまく

働かなくなり鈍くなってしまいます。



味覚が鈍くなるということは

薄味の食品では満足できず、

自然と味付けの濃いものを好むように

なるということですよね。



味付けの濃いもの塩分が多くむくみの原因

になります。



また、糖分も多く含まれていることが多いので、

その分カロリーも高くなりがちです。



味付けの濃い食品を想像してみてください。



高カロリーな食品が多くありませんか?



逆に、薄味の食品には、

低カロリーなものが多いです。



ダイエット中、ヘルシーな食事で満足するには、

味覚を正常に保つことが大事になってくるわけですね。



舌の状態を正常に保つためには、

歯磨きの時に、いっしょに舌も磨いてあげると

いいです。



舌磨き専用のブラシもあるようですが、

歯ブラシで充分。



舌の表側と裏側を、奥から先に向かって

歯ブラシでなでてあげます。



これを数回繰り返すだけでも、

舌の状態はだいぶ違ってくるのですよ。



白い汚れを全部きれいに落とすのはムリだし



そこまで神経質になる必要はありませんが、

舌磨きは口臭予防にもなるので、ぜひ試してみてくださいね。



口の中を清潔に保って、薄味で低カロリーの食事でも満足できるようになれれば、ダイエットにも必ずいい効果が生まれるはずですよ。



また歯磨きは、毎食食後にはきちんとするように心がけたいですね。



食事を良く噛んで食べれば、それだけで満腹になりやすかったり、ほんの少しの意識で食生活やダイエットって頑張れるものですよね。



>> 1日5分のダイエット





関連記事




【7日間脂肪燃焼ダイエット】 をご存知の方、興味ある方、お知恵をお貸しください...


ISETAN×ルパン三世「LUPINISSIMO IN ISETAN 2016」 ルパン三世のファッションをリアルに再現


7日間脂肪燃焼ダイエット(キャベツスープダイエット)


ニトリ創業者 似鳥社長が退任



posted by ヤセル at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ