村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ


2016年04月27日

キープ

1.ダイエットをします。

2.体重が減ってきます。

3.目標の体重に到達しました。



「よかったですね」



という話になりますが、実はダイエットはここからが正念場なのです。



もし目標体重に到達したからといって、元通りの食生活に戻してしまえば、おそらく確実に体重は増えてしまうでしょう。



でも今までのダイエット生活を続けていけば、自分の理想としているボディーラインよりも細くなってしまいます。



ダイエットは目標点に到達したあとがやっかいだということを知っておくといいですよ。



よく「リバウンド」という言葉を耳にします。



やせて安心をして、元通りの食生活になって結果体重が増えてしまったというやつです。



実は減量をした直後というのは、不安定な状態となっています。



ですから食べすぎるとすぐに体重にあらわれてしまいます。



リバウンド対策として、私がお勧めなのが「こまめに体重計にのる」ことです。



コンスタントに体重計に乗ることによって、自分の体重の増減を理解することができます。



また体重が増えたといってもこまめにのっていれば、大した増量ではないはずです。



ですからリカバーしようと思えば容易に取り返すことができる体重の増え方のはずです。



体重の調整が自力では難しいでしょうから、体重計のはじき出す「数値」を参考にして微調整をしてみましょう。



すると、リバウンドの恐怖に打ち勝つことができるはずです。



だいたい、リバウンドの恐怖というのは1カ月程度続くのが一般的です。



1か月を過ぎて、理想の体重をキープすることができれば、おそらく元通りの食事に戻していっても問題はないはずです。



というのも、自分の身体が初期化を果たすからです。



そして情報の再入力を行い、今の理想的な体重の状態を「通常」という風に認識をするからです。



このようにダイエットというのはただ単に体重を減らすことだけが目的ではありません。



減らした体重の状態を、いかに長いことキープし続けるかがカギになってくるのです。



もし、キープをする事に不安が御有り出したら、以下をご覧になってみても良いかも知れません。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




脂肪燃焼スープダイエットのその後について。 このダイエットを7日間実行して、−2...

z=(-x/y)*(dy/dx) を dz/dxで微分すると?


我慢の必要なし? 積極的に摂取可能で代謝がよくなるお肉とは


7日間脂肪燃焼スープダイエット法〜2日目


カネボウ 10年ぶり新ブランド



ラベル:キープ
posted by ヤセル at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

外食をする時

ダイエット中でも避けられないのが外食ですよね。



特に一人暮らしなんてしていると、外食の機会は増えていまいます。



せっかくの外食なら楽しみたいですよね。



そうは言ってもダイエット中の外食には、いろいろな注意が必要になってきます。



ファミレスのセットメニューなどは、たいてい男性でも満足できるぐらいの量になっていることが多いし、満足感を与えるために何かと脂っこいものが多いものです。



また野菜が少なかったり、栄養バランスが悪かったり。



ダイエット中は、できれば手作りのごはんを食べることが理想ですが、何かと外食って避けられないものですよね。



ですからダイエット中の外食で気をつけて意識することをしていくことが必要なのです。



外食は満足感や見た目を豪勢に見せるために様々な手法で調理されています。



それが、ダイエットに良いかというと必ずしもそうというわけではないのです。



そんな外食の手法を見極めることができれば、食事をする時に気をつけられると思いませんか?



例えば手軽などんぶり系。



実はどんぶり系は通常の定食よりごはんの量が多くなっていることが多いのです。



そしてその分栄養が偏っていることが多いです。



どんぶり物を思い浮かべると、牛丼、天丼…栄養のバランスが良いかと聞かれればそうではないことがわかりますよね?



ごはんの量、栄養バランスを考慮したメニューを選びたいものですね。



例えば、主食、副菜、汁物といったようにバランスの摂れた定食などが理想です。



そして当然かもしれませんが、油を使った炒めもの、揚げものはなるべく避けたいですね。



特に揚げ物系は、見た目を豪勢に見せるために衣が分厚くなっていたり、油がたっぷりしみこんでいるものが多いですよね。



ですから家で食べる揚げ物よりは当然カロリーが高くなっているでしょう。



おすすめなのは、油を使わない茹でる系、蒸す系の料理です。



中には衣を取り除いて食べているなんて人もいると思います。



正しく健康的にやせたいなら、なるべく外食の機会を減らして、自宅で作った食事をとることが理想ですが、たまの外食ならちゃんと楽しむことも大切ですよね。



そしてそれを楽しむために、普段の食生活に気をつけることが大切なポイントなのですよ。



外食は量も多め、油も多め、味も濃いめ。



これを頭の片隅に置いておくことが大事ですね。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




ジョギング、ウォーキング、水中ウォーキングのダイエット効果について 皆さん、ど...

[Raman IRスペクトル 強度について]


最も効果が高そうなダイエット法、7割の男女が支持した1位は?


早起き・ウォーキング・ダイエット【本館】 | 4時起き10kmウォーキングで ...


地震頻発 操業停止長引く恐れ



ラベル:外食をする時
posted by ヤセル at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

脱メタボのために?

これまで様々なダイエットを紹介してきました。

見事ダイエットに成功した人もいると思います。



ところがせっかくダイエットしたにも関わらず、すぐ元の体重に戻ってしまう人が多いのも事実です。



そんな人たちのために今回は太りにくい体質にするコツをご紹介しましょう。



実はある大学の研究で、「夜型生活より朝方生活の方が同じ食事でも太りにくく、

朝型はメタボリックシンドローム対策になる」ということが実証されています。



研究発表によると、早起きして早い時間に夕食を済ませるという「朝型生活」のほうが、エネルギー代謝の良い体になるそうです。



つまり夜遅くまで起きて食べ物を摂取する生活を続けると、必然的に肥満体質になるというわけです。



朝は早く起き、夜は早く寝る。

この基本的な日常が健康的な体質を生み出すのです。



自分のぽっこりしたお腹が気になる人は、早寝早起きを心がけてみましょう。





この記事の筆者 村本エリカ。

彼女は食べても脂肪が燃焼していくダイエットという

シークレットノウハウを 開発した筆者で、

レポートが無料で配布されています。299名の配布です。

>> シークレットノウハウレポートを受け取る



関連記事






ダイエット無料モニター。ダイエット無料モニターを受けてみようと思います・・・...


ノートにアレをひたすら書くだけで…!ダイエットを成功させるマル秘テク


痩身モニター募集 | エンビロン公認エステサロン エルクレスト


お遍路さん 60年に1度の商機



posted by ヤセル at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。