村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ


2016年03月15日

ダイエットには3種類

このままずっと永久にダイエットが続くような気の遠い感じに思っている方もいるかもしれません。思ったような結果が出ないと確かに気は遠くなりますよね。



ダイエットには3種類あるとよく例えられていますが、それはやせるかやせないは別として一種の娯楽としてのダイエットと、実際に10キロとか20キロとか本当にやせるためのダイエットと、摂食障害の方などが行っている脅迫的なダイエットのことを指しています。



聞いたことある人もいるのではないでしょうか

ところが、現実的には実際に(10キロ単位で)やせるダイエットは黙々とした努力と時間が必要で、なかなか娯楽性を見つけられるような内容にするには難しく、なので雑誌やテレビ番組で扱われることはほとんどありませんよね。



そのため、実際に(数十キロ)やせたい人が巷に流れる奇跡のダイエットに飛びついては驚異のリバウンドを繰り返し、究極の万年ダイエッターになっている悲しい現状がうまれてしまうのです。



夏のダイエットの勢いもいったん落ち着いた冬に向かう今こそ、地道な努力を積み重ねる時ですよ。いきなり10キロ単位で痩せられることなんてありえません。基本的なことを大切に日々の努力をダイエット休もうかなと思いがちな寒い季節こそ、続けていきましょう。あなたが大事にしている基本的なこととはなんですか?



まず、大事にしてほしいのは一日三食食べること。その大切さは何度も伝えてきましたが、もう一度おさらいしてみましょう。ポイントはなぜ三食きっちり食べなければならないのかです。例えば、テーブルの上に、昼食の残りやちょっとしたお菓子が残っていたとします。



そんな状況だったらちょくちょくダラダラ食べてしまいますよね。この状況結果的に一日5回6回と食べ物を口にしていることになりますよね。



次の食事までにしっかりお腹をすかせることができるでしょうか。食事はなるべく三食のうちで食べきりましょう。とにかく、一日に食べる食事の量は一定に決めて守る努力が必要です。よけいなつまみ食いをなくすための一日三食なのです。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




とにかく脚を引き締めたいです。 別に太いわけじゃないんですが、筋肉量が少ないの...

z,wを複素数とします.このとき,微分方程式dy/dz=yを用いて,指


あなたはどっち?症状別「花粉症対策におススメのお茶」2つ


全日空と日航 2年連続ベア



posted by ヤセル at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

冬だし寒いし太る?

これからの季節、「寒いから外に出たくない」「人と会うのも億劫」「だるくて眠い」なんてゴロゴロしているけれど食欲だけは旺盛で体重が増えてしまうなんてことがもしかしたらあるかもしれません。



あなたも思い当たりませんか?毎年このシーズンになると、このような症状が見られる方も多いのではないでしょうか。冬だし寒いし太るのは当然とこれまで思われていたこれらの症状ですが欧米では、はっきり病名が付けられているということご存知でしたか?

「冬季うつ病」というのがその病名なのですが、冬太りの原因のひとつに軽度の「冬季うつ病」も考えられこともあるそうです。

「冬季うつ病」を引き起こす原因と症状を理解して、予防&改善策を身につけて、冬太りをリセットする方法を提案しましょう。「冬季うつ病」とは、季節によって抑うつ状態が出る「季節性感情障害」の一つです。



秋または冬に抑うつ状態が始まり、春になると治ってしまうか、人によっては軽い躁状態になるのが特徴です。比較的若い女性に起こりやすく、毎年くり返し起こる傾向があるものです。主な原因と言われているのは日照時間。眠気を引き起こすホルモン=メラトニンは、暗くなると分泌が活発になりますが、日照時間が短いと、メラトニン分泌のタイミングがずれるor過剰になり、常に眠気を起こすのです。このため「冬季うつ病」は、極端に日照時間の短い北欧や、雪の多い地方などで多くみられ、日当たりの悪い部屋に住んでいる人も陥りやすいといわれています。



通常のうつ病と違い、「冬季うつ病」は季節限定で起こるものです。また、うつ病の症状でみられる不眠や食欲低下による体重減少とは逆に、いくら寝ても眠い、食欲が増して体重が増えるという、ダイエット中にはかなり辛い症状ですよね。症状が深刻だと思われた方は医師への相談をしてみましょう。

「そこまで深刻ではない……」「体重増加だけでも何とか抑えたい!」という方のために、日頃から気をつけるべき3つのことを提案します。まず、早起きをする(規則正しい生活)こと。季節と共に変わる日照時間により人間の体は調子を変えるもの。



冬季うつ病の人はその季節の変化に強く反応していると言えるので、冬は特に早寝早起きを心ましょうね。次に積極的に日を浴びるようにしましょう。

朝はきちんと起きてカーテンを開け朝日を浴びる。午前中に外へ出て日光を浴び、夜は早く寝ることが大切ですよ。最後にビタミン&たんぱく質をとる食生活を心がけましょう。神経伝達物質であるセロトニンの減少が冬季うつ病の原因の一つとされています。



セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンからつくられ、その吸収には炭水化物やビタミンB6が必要なのです。よって食事は炭水化物を中心に、肉、魚、大豆などのたんぱく質を欠かさず、ビタミンB6を多く含む青魚やレバー、バナナなどを積極的に摂るようにしましょうね。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




アイスコーヒーやぬるいコーヒーでも脂肪を燃焼してくれますか?


運動前に1杯! コーヒーのダイエット効果と飲み方の注意点


成田式水素ダイエットコーヒー80の口コミ&効果を徹底検証


ガリガリ君 25年ぶりの値上げ



posted by ヤセル at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。